Woman

免疫力を高める

Woman

がん細胞を撃退

人は怪我をしても、ばい菌が入るのを防いだり、ウィルスや病原体やほこりなどが体の中に入ってきても、それを撃退する力があるのです。このような力を免疫能力と言って、人が生活して生きるためには必要な力なのです。このような力を応用したがんの治療方法が、樹状細胞療法なのです。聞き慣れない言葉でしょうが、とてもシンプルな治療方法なのです。要は、体の中にある免疫力を高めて、免疫細胞にがんの細胞を撃退させるのです。ですからお医者さんのすることは、患者さんの体から樹状細胞を取り出して、がん細胞の情報を与えてあげるのです。そしてその情報を持った樹状細胞を再び患者さんの体内に戻してあげるのです。そうすることで勝手に免疫細胞が、がん細胞を撃退して治してくれるのです。

とても辛い病気

がんはとても辛い病気です。特に発見が遅れてしまうと、治る確率も低くなりますので、精神的にダメージが大きいのです。ただ最近では治療方法も増えてきていますので、自分の体調に合った治療を選択してくれるでしょう。特に樹状細胞療法は、人間が体の中に持っている免疫力を上手に応用しながら、がん細胞を撃退しますので、多くの治療現場で使われるようになっています。樹状細胞療法の人気は何といっても、副作用が少ないことが挙げられるでしょう。抗がん剤治療などの化学療法は、大きくなったがんを小さくすることができます。また即効性があるのですが、とても副作用が大きすぎて辛いものがあるのです。ですから副作用が少ない樹状細胞療法は、患者さんの目線からしてもとても人気なのです。