Woman

検診内容を知ろう

Room

知っておくと良い知識

乳がん検診には、マンモグラフィと超音波検査があります。マンモグラフィは乳がん検診で初期症状の石灰化がわかります。乳房が大きい方や乳房の多くが脂肪になっている方に向いている検査方法です。超音波検査はエコーとも呼ばれますが、臓器に音を当てて返ってくる反射を画像で見る物です。直接乳房に乗せて動かしながら様子を見る事ができる為、映しだされた画像で診断をします。また、超音波は小さいしこりも見つけ出す事にも優れています。女性には妊娠されている方もいますので、放射線の検査を避けたい方や強い乳腺症などの方にも超音波検査が適しています。乳房の状態で選ぶ事が出来るので、医師に相談をして自分に合った検査方法を選択するようにしましょう。

検査の特徴

乳がん検診で多く使われるマンモグラフィは早期の乳癌も発見出来ます。また、乳房は柔らかい部分なので専用の装置を使います。撮影にかかる時間も短く、撮影枚数も少ない事が一般的なので時間が無い方でも手軽に受けられる検査です。また、乳がん検診のマンモグラフィは放射線による撮影ですが、乳房への部分的な撮影になるので骨髄などへの影響はありません。乳癌は早くに見つけるのが良いので出来るだけ早めに病院で検査をするようにしましょう。しかし、圧迫する必要があるので痛みを感じる場合などは超音波検査にするなど、医師に相談をしてください。自分で触れてしこりが気になる時は、検診を待つのでは無く病院ですぐに診療を受ける事が大切です。